大阪ガス「住まう」Vol64に掲載されました!|桜井・橿原の分譲・注文住宅の日生ハウジング

こんにちは、日生ハウジングの荒木です。

大阪ガス発行の「住まう」64号に、当社の常盤8期モデルハウスが掲載されました!!

「家づくり、選りすぐり」のコーナーで、2ページにわたって取り上げていただいたんですよ。

…というわけで、今回は雑誌取材レポートをお届けします。

当日は、私を含めた社員3人で取材対応。とてもなごやかな雰囲気でした。
取材風景の写真もアップしますね。



「常盤8期モデルハウス」
京町屋をイメージした古き良き日本家屋の利点と、現代の建築技術を融合したユニークな住まいです。

取材ではそのあたりについてお話しました。

また、設備も最先進のものを採用。大阪ガスさんの家庭用燃料電池「エネファーム」で、エコな電気を発電し、購入電力量を年間約80%も削減することができます。ガス温水床暖房ミストサウナなどの光熱費グッとお得になります。

インタビューでは、モデルハウスの内容だけでなく、当社の事業や思いについても質問が!
日生ハウジングそのものについても紹介していただいているので、大阪ガスさんのショールームなどで雑誌を見かけたら、ぜひページをめくってみてくださいね。
ちなみに、私の写真も載っています(笑)少し照れましたが、楽しい経験でした。

せっかくの機会ということで、大阪ガスさんに逆取材を!

質問内容は「なぜ今回、当社を取材対象に?」というもの。
「以前よりエネファームをはじめとしたガス機器を採用していることに加え、桜井市において地域密着型の住宅販売で活躍している企業だから」というのがポイントになったそうです。

さらに皆さまへ
「私たちは、お客さまの暮らしに『あかり』が灯るような『ぬくもり』が生まれるような商品で、サービスで、まごころで、変わらぬ安心と、さらなる快適を、住宅会社さまとともにかなえてゆけたらなと思っております。これからもよろしくお願いします!」

というメッセージもいただきました。
大阪ガスさん、ありがとうございました!

雑誌で紹介された「常盤8期モデルハウス」は、ただいま絶賛公開中です。
気軽にお問い合わせくださいね。

↓↓↓ホームページで「常盤8期モデルハウス」の情報をご覧いただけますhttp://www.nissei-housing.co.jp/gallery/tokiwa8_2.html

11月18日(土)・11月19日(日) モデルハウス見学会 開催|桜井・橿原の分譲・注文住宅の日生ハウジング

こんにちは、日生ハウジングです。

この週末のご予定は、お決まりですか?

まだ検討中という方は、ぜひ桜井市で開催される庄6期 モデルハウス見学会」へ。

 

【土間と中庭のある家 見学会開催】

■ 日程:11/18 (SAT)、11/19(SUN)

■ 時間:10:00〜20:00

■ご予約・お問い合わせ:0120-463-362

※ご予約の上、お越しください

 

正面にほとんど窓が無く、通りからの視線をカットした、こちらのモデルハウス。

一歩中に入ると、そこは光あふれる土間空間!

子どもの遊び場として、自転車やバイクを飾るギャラリー、ホビースペースとして、あるいはちょっとしたワークスペースとして…。
自在に使える土間のセカンドリビングから、そのまま中庭へ出られます。まさに外に閉じて、内に開いた家ですね。

 

さらに2階へ上がると、南側に大開口のある2階リビングが。

リビング続きにはワイドなテラスがあります。

 

夏には子どものプールを出し、空気の澄んだ冬は天体望遠鏡を覗くといった風に、四季折々、家族でさまざまに楽しめそう。

また、リビングに居るときや、家事をしている最中も、中庭で遊ぶ子どもたちに目が届くため安心です。

中庭を通して家中がつながり、室内にいながらいつでも自然を感じられます。

 

ママ目線で見れば、キッチン脇からバス・洗面へ直通で、水回りの家事を併行しやすいのも便利なポイントです。テラスに洗濯物を干せるので、洗濯動線もスムーズ

子どもが帰ってすぐ手洗いできることから、玄関脇に洗面台があるのも好評なんですよ。

 

 

上之庄6期分譲地は小学校が近く、子育てファミリーに人気。

お越しになったお客様は、自然を感じながら親子で触れ合え、忙しいママの家事をラクにする仕掛けの数々に興味津々といったご様子です。

ぜひご家族そろって、遊びに来てくださいね。一見の価値アリです!

分譲地情報「日生タウン桜井北(纒向)」|桜井・橿原の分譲・注文住宅の日生ハウジング

 

こんにちは、日生ハウジングです。

今回は物件紹介として、日生タウン桜井北纒向を紹介させていただきます!

纒向といえば、なんといっても纒向(まきむく)遺跡が有名で、卑弥呼の墓との説もある箸墓(はしはか)古墳などの6つの古墳が分布しています。当物件からも箸墓古墳はすぐ近くで、考古学ファンの方にはたまらない物件ではないでしょうか。

以前、同分譲地をご紹介した際に、土地を造成するにあたって「現在、試掘調査中」と報告しましたが、無事に調査は終わりました。
(地中から特別なものは発掘されず、無事に次の工程に進むことができました)

分譲地は全10区画で、全区画68坪以上という土地の広さが特色となっています。
坪単価が抑えられているのもメリットで(坪単価15.8万で、土地価格は1080万~)、建物と併せて3,500万円前後で高性能の住宅を建てられるのが魅力です。

周囲はのどかな風景が広がり、静かで、ゆったりとした時間が過ごせるのもポイントですね!
一方で、JR桜井線巻向駅徒歩5分という立地で、交通のアクセスも悪くありません。

おかげさまで、早くもA号地J号地がご契約いただけました

弊社ホームページには情報をアップしていきますので、ご確認いただければ幸いです。
http://www.nissei-housing.co.jp/condominium/sakuraikitamakimuku/

もちろん、お電話やメールなどでのお問い合わせも受け付けていますので、お気軽にご連絡ください!

家は窓が大事!樹脂サッシを標準装備で冬は暖かく、夏は涼しく|桜井・橿原の分譲・注文住宅の日生ハウジング

こんにちは、日生ハウジングです。

 

11月に入り、これから寒さも増してきますね。

せめて室内は、ぽかぽか快適であって欲しいものですね。

 

 

冬は暖かく、夏は涼しく過ごすには、どうすればいいのでしょうか?

 

 

意外かもしれませんが、冬場は窓から約50%の熱が逃げ、夏場は窓から約70%の熱が侵入してくると言われています。

どんなに冷暖房を効かせても、壁を断熱材で覆っても、窓の断熱性能が低ければ、台無しだということ。冷暖房代ばかりがかかって、エコじゃありませんね。

 

家は窓が大事です!

 

日生ハウジングの家は断熱性が高い高性能樹脂サッシ(http://www.ykkap.co.jp/apw/apw330/index.html )を標準装備

ZEH(ゼロ・エネルギーハウス)のことも見据え、省エネ建材等級最高等級の商品を使用しています。

 

2枚のガラスの間の金属コーティングで熱の伝わりを軽減し、単板ガラスの約4倍の断熱効果を発揮するんですよ。樹脂の熱伝導は、アルミの約1,000分の1。室内外の温度差を軽減し、結露を抑えることでカビやダニの発生も防ぎます。

また、木の素材感を活かした温かみのある窓枠で、デザイン性の高さも十分。

冷暖房を抑え、地球にも体にも優しく健康的な上に、おしゃれなんて言うことなしですね。

これまで樹脂サッシの課題だった、耐久性もUPしています。

 

外観デザインに合わせて、アルミのハイブリッドサッシにしたいという方はそちらも選択していただけるのでご安心ください。

目地が目立たずスッキリ美的!ずっときれいなシーリングレス外壁|桜井・橿原の分譲・注文住宅の日生ハウジング

こんにちは、日生ハウジングです。

 

今回は住まいの外壁に注目してみましょう。

建てた時はきれいだった壁が、雨や紫外線にさらされ、数年経ったころには黒ずんで薄汚れた雰囲気に…ということ、よくありますよね。

色や柄の多彩さが人気で今や外壁素材の主流となっているサイディングですが、経年劣化により、目地を埋めるシーリングの継ぎ目や汚れが目立ってくることが弱点でした。

 

ところが日生ハウジングの家で多く使用しているサイディング、ガーディナル」シリーズにはシーリングがありません。

 

ということは…

シーリング切れや、目地の黒ずみ・白化の心配は不要!

 

継ぎ目が目立たないので2色貼りなどの貼り分けが美しくきまり、窓の周りや建物の角もスッキリ見せてくれます。

ガーディナル」シリーズにはトラヴィスPZというタイプがありますが、ランダムな段差や傾斜があるタイルを組み合わせることで陰影を創出したデザインは、シーリングレスだからこそ楽しめるもの。

他にもさまざまなデザインやカラーバリエーションがあるので、ニーズに合わせて選べます。

また「ガーディナル」は、雨にぬれると汚れが落ちるセルフクリーニング機能を搭載し、塗膜15年保証を実現。

汚れにくく落ちやすいのでメンテナンス回数が減り、ランニングコストを抑えられます。

メンテナンス性も重視される長期優良住宅時代(http://nissei-kensetu.co.jp/house/07.html)に合致した外壁ですね。

 

自由度の高いプランニングが自慢の当社では、もちろんガーディナル以外の外壁素材も豊富にご用意。

外壁についてもっと知りたいという方は、気軽にご相談ください♪

 

強くて長持ち!しっかり建てた「木の家」とは?|桜井・橿原の分譲・注文住宅の日生ハウジング

こんにちは、日生ハウジングです。

突然ですが、皆さんは木の家の寿命をご存知ですか?
なんと、木造住宅の耐久性は100年以上

築1,300年を越す法隆寺をはじめ、多くの歴史的木造建築が現存していることからも、その強さは証明されています。

しっかり建てた木の家
は、耐久性耐震性耐火性ともに高く、鉄骨よりずっと長持ちなんです。

では、「しっかり建てる」とはどういうことでしょう。
ポイントは
人と同じで、家も骨がもろいと健康を損なってしまいます。

【丈夫な骨の強い家とは?】

①木材を乾燥させて水分をコントロールし、骨組みの腐朽や、ねじれ、反り、割れを防止

→日生ハウジングでは湿気に強く耐久性に優れた乾燥材を使用。さらに壁体内結露を抑える断熱材で、構造の劣化を防いでいます。

②木の種類ごとに異なる性質を活かし、適材適所の木材を使用

→日生ハウジングの木材はもちろん適材適所。
土台や柱は、住宅金融支援機構(フラット35)基準の1.2倍の太さに相当する四寸角の桧(ヒノキ)EW(エンジニアリングウッド)など使用をしています。を使用することもあります。
http://nissei-kensetu.co.jp/house/03.html

③地震に強い工法で正しく施工して、耐震性能をUP

→日生ハウジングの家は、地震に強い軸組工法。建築基準法の1.5倍の耐震性がある、耐震等級3相当です。
http://nissei-kensetu.co.jp/house/02.html

ちなみに空気が乾燥しやすい今の時期は、火災が多くなりがちですが、一見燃えやすそうな木は火に強いんです。

熱を通しやすい鉄は、火災時に構造体が曲がって倒壊する恐れがあります。

一方、厚みのある木材は、燃えても表面が炭化して、なかなか中心部まで燃え進みません。

②でお話したように、当社の柱や土台は四寸角

当然、耐火性バッチリですよ♪

 

家族みんなが快適に!家の安全性を確かめる「構造計算」のお話|桜井・橿原の分譲・注文住宅の日生ハウジング

こんにちは、日生ハウジングです。

 

今日は木造住宅における構造計算についてお話します。

皆さんはこの「構造計算」をご存知ですか?

 

構造計算とは、建物がどのレベルの災害まで耐えることが可能なのかを計算し、確認をすることです。

具体的には、建物にかかる負荷(固定荷重、積載荷重、積雪荷重、風荷重、地震荷重など)の影響で、建物の構造がどのように力が加わり、変形するかを計算します。

 

つまり、お家を建ててから寿命を迎えるまでの間、家族みんなが安全で快適に過ごせるかを確認するためのとても大事な作業なのです

しかし、木造住宅の約8割は構造計算が実施されていません。現在の建築基準法では、木造2階建て及び平屋建ての家には構造計算が義務付けられていないのです。

 

建築基準法も工務店側も「木造の家は小さくて軽いから、詳しい構造計算をしなくても大丈夫」という考えがあるため、せっかく建てたマイホームに構造計算がされておらず、いわば設計士や大工の経験や勘だけで建てられた家となるわけです。

 

フリープランの注文住宅でお客様と一緒に設計から家創りをしている当社。

しかし、フリープランで、デザイン性と自由度が高ければ高いほど、耐震性に不安が伴うこともあります。

デザインと構造、特に耐震性は切っても切れない関係なのです。

 

お客さまの理想が詰まった家創りをサポートするのはもちろんのこと、その後の生活を安心して安全に暮らして頂きたいので、日生ハウジングでは経験や勘には頼らず、1棟1棟全ての住宅に構造計算を行います

 

 

本社エントランスを一新。来訪者の方がゆっくりと過ごせる「くつろぎの場」を設置。|桜井・橿原の分譲・注文住宅の日生ハウジング

こんにちは、日生ハウジングの荒木です。

本日は現在行っているエントランスのリフォームについてご紹介したいと思います。

 

日生ハウジング本社は平成4年に建設され、25年の間にたくさんのお客さまにお越し頂きました。今まで以上に当社の「住まいへの思い」を発信していきたいと思い、今年の8月下旬から、日生ハウジング本社エントランス部分のリフォーム工事を行っています。

 

−コンセプトは「くつろぎの場の創出」−

ご来社いただいたお客様が、ゆったりと過ごすことができる待合所を新たに設けさせていただきました。

無垢材をふんだんに使用したインテリアで、天然木本来の風合いを活かしたナチュラルで落ち着いた雰囲気に。

壁にも珪藻土を塗り、内外ともに自然素材にこだわっているので、とても心地いい空間になっています。

 

これまでは、エントランスを入ってすぐにカウンターがあり、当社スタッフが作業を行う事務所とも一続きになっていました。

すぐにお客様と顔を合わせることができるというメリットがある一方、すこし唐突な感じがあったので、「よりお客様に入っていただきやすい雰囲気にしよう」という当社代表の提案が今回のリフォームのきっかけでした。

また、玄関先からスロープを設けバリアフリーにしています。

それとともに1階のトイレも改装し、新たにオムツ台シートも備え付けましたので

小さなお子さんがいらっしゃるご家族の方にも、安心して訪問していただけます。

 

会社の顔でもあるエントランス部分が一新され、私たち社員一同もフレッシュな気持ちで仕事に取り組み、お客様へのサービスをより良いものにしていきたいと思っています。

 

これから当社にて、「お家づくりの相談に行こうかな」とご検討されているお客さまも、

これまでお家を買ってくださったOBのお客さまも、より快適になり、雰囲気が変わって入りやすくなった日生ハウジングに、ぜひ足を運んでいただければと思います。

 

皆さまからのお問い合わせ・ご来場、お待ちしています!

「空気がうふふ」なエコカラットで快適で健康に。|桜井・橿原の分譲・注文住宅の日生ハウジング

こんにちは、日生ハウジングです。

お客さまから寄せられる「住まいに関するお悩み事」で特に多いのが、部屋の湿度に関するものです。

 

最近の天気のように雨が続くと、部屋の湿度の調整が上手くいかず、不快感を覚えますよね。

例えば、洗濯物の室内干しによるジメジメ。

冬の結露で窓がビショビショ。

空気の乾燥でお肌がカサカサなど。

でも実は、これらは不快感だけではなく健康被害に結びつくこともあるんですよ。

 

湿度に関する豆知識を少しご紹介いたしますね。

室内の湿度は40~60%をキープすることが理想とされています。

40%以下になると、乾燥によるのどの痛み肌荒れが発症しやすくなり、またこれからの季節にはインフルエンザウイルスが活動しやすくもなります。

逆に湿度が60%以上となると、カビダニが増殖しやすい環境になります。

実際に、湿度が高い部屋内でのカビやダニの繁殖率は高く、お子さまのアレルギーの原因にもなりかねません。

 

 

そんな快適で健康的な生活を送る上で欠かせない湿度の調整ですが、最近の「調湿素材」などを使った建材を利用することで、おしゃれに湿度調整ができます。

なかでも、当社の一押しなのが、LIXILの「エコカラット」です。

 

エコカラット空気を美しく整えるインテリア建材で、季節を問わず快適な湿度を保ち、気になるにおい有害な物質低減してくれます。

 

湿度が高いときには湿気を吸い込み、乾燥すると湿気を吐き出す特徴があるエコカラット

湿度の調整機能に非常に優れ、健康素材で人気の「珪藻土」の約5倍も優れているともいわれています。

 

 

その上、湿度の調整機能だけでなく消臭効果もあるので、玄関トイレなど臭いのこもりやすい場所に貼っていただくのもおすすめします!

また何よりエコカラットは、豊富なデザインのバリエーションでお部屋のインテリアにアクセントを加えてくれます。

施行もクロスの上から直接貼ることが可能なので、壁の一面にだけ貼って、アクセントの効いたお部屋にアレンジすることもできますよ。

 

 

エコカラットで、ちょうどいい湿度で快適に暮らしてみませんか。

えっ家にハガキ5枚分の大きさの隙間があるの?日生ハウジングの「高気密」の住宅とは。|桜井・橿原の分譲・注文住宅の日生ハウジング

こんにちは、日生ハウジングです。

今年も10月に入り、だんだんと冷え込んできましたね。

これからの季節、暖房器具が欠かせません。

しかしながら、いくら室内を温めても家が隙間だらけだと寒いままです。

そこで今日は、お家の隙間についてもう一度考え直してみましょう!

 

気密性能とは=お家全体の隙間。

「気密性能が高い」=お家全体の隙間が小さい。

「気密性能が低い」=お家全体の隙間が大きい。

しっかりと気密性能を高めていないお家だと、室内で温められた空気は、上にどんどん逃げていき、隙間からお家の外に出てしまいます。

また床下の隙間からは冷たい空気が上がってきますので、「頭は暑いのに、足元が寒い。」といった経験がある人も多いのではないでしょうか?

これも住宅の隙間が原因なんです。

これではせっかく空気を温めても、室温が上がらず、電力も無駄に浪費する悪循環になってしまうのです。

お家の気密性能を測る指標に「C値」という物差しがあります。

これは建物にどれだけの隙間があるかを測定し、数値が低いほど気密性が高いということになります。

「高気密住宅」というからにはC値=1.0cm2/m2以下(ハガキ1枚分の隙間)にすることを目標としています。

しかし、一般的な住宅のC値基準は5.0cm2/m2以下に設定されており、住宅全体でハガキ約5枚分の大きさの隙間が開いているということになるんですよ。

これでは窓が開いている様なもの。

住宅が温まりにくいのは当然ですよね。

そんな非常に大事なC値ですが、日生ハウジングでは、気密測定を実施し平均C値=1.0cm2/m2以下をクリアしています。

実例として、昨年に建てた「粟殿3期モデルハウス」ではC値=0.45cm2/m2を測定しました。

ハガキ1枚分以下の隙間なのでエアコンが良く効く省エネ住宅なのです。

高性能な住宅に「気密」は欠かせません。

また「断熱」「換気システム」も同様に大切なポイントです。

 

「高気密・高断熱・計画換気」この3つとパッシブデザイン」が揃ってようやく、「冬、暖かく。夏、涼しい家。」が完成します。

高性能住宅のメリットは他にもありますが、それはまた別の機会でお話ししますね!