お家の建替えも大丈夫です!|桜井・橿原の分譲・注文住宅の日生ハウジング

こんにちは、「創る家」の日生ハウジングです!

ここ最近増えつつある「住まいの建て替え」のご依頼。

当社は、新築の建売住宅・注文住宅の分譲はもちろん現在、お住いのお家を新しく建て直したい、空き家を解体して新築を建てたいといったご相談も承っております。

長年住み慣れた場所で、思い切って建て替えをされるお客様は、

お家の老朽化の為、リフォームを検討していたが、工事費用が思った以上にかかりそうだから…
息子夫婦が大阪から帰ってくるんだけど、2世帯住宅にしようと思って…etc.

建て替えされる理由は様々です。

ただ、やはり「住めば都」
「昔から住んでるこの場所が好きだから」とお答えになるお客様が多いように感じます。

建替えを考えるとき、こんな間取りにしたい!外観のイメージはこんな風に!といった新しいお家に対する夢が広がる一方で、解体費用、建築費用といった予算のことも気になりますよね。

日生ハウジングでは、間取りプランや仕様はもちろん、お客様の希望予算などを伺いながら、新しいお家の建築プランを提案しています。気になることがあれば、遠慮なく気軽にご相談ください。

また、空き家や別荘などの場合は必要ありませんが、現在住まわれているお家を建替える場合、建築中は別のお家に住んでいただく仮住まいが必要です。

数ヶ月の間、親戚のお家に仮住まいする方法もありますが、もし賃貸をお探しになられるようでしたら、賃貸物件を紹介することもできます。

それに、住まいが完成するまでに、荷物を一時保管してくれる引越し業者や不要になった粗大ゴミなどを処分してくれる業者をご紹介することも可能です。

仮住まい探し、引越し業者の選定、粗大ゴミのことなど、業者を探して比較して・・・

こういった建替えにまつわる面倒な作業も、ご紹介できることでお客様の負担が軽減できれば当社も嬉しく思います。

日生ハウジングでは、戸建に限らずマンションのリフォームやリノベーションにも対応しています。

建替えるほどではないけど、リフォームはしたいといったお客様からのご相談もございます。

新築、建替え、リフォーム、リノベーション、住宅に関することでしたら何でも聞いてください。

今よりも、さらに快適な暮らしができるようお手伝いさせていただきます。

「ファイナンシャルプラン相談会 随時開催中!」|桜井・橿原の分譲・注文住宅の日生ハウジング

こんにちは、「創る家」の日生ハウジングです!

住宅の購入を検討されているお客様が避けては通れない「お金」のこと。

預貯金額、親からの資金援助、家族構成や将来のライフスタイルなど、まさにお客様によって、資金計画は十人十色です。

住宅購入を検討しているお客様からよく質問されること

――――――――――――――――――――――――――

◆今、買い時ですか?
◆私たちにも、購入できるんでしょうか?
◆どれくらいの資金が必要なのか検討がつかないんです
◆賢い住宅ローンの組み方ってあるんでしょうか
◆住宅ローンの支払い中に、何かあったらと思うと心配です
◆子どもの教育費や車のローン・維持費などこれから何かとお金がかかるので、住宅を買っても大丈夫なのか気になります。
◆もう少し、頭金を貯めてから検討した方がいいのか、それとも住宅ローン金利の低いうちに購入した方がいいのか私たちにとって、一番良い方法ってありますか。

――――――――――――――――――――――――――

といった色んな相談をいただきます。

住宅購入を考えるとき、やはり資金のことは気になりますよね。

そこで、日生ハウジングではお金の専門家・ファイナンシャルプランナーによる、お客様の疑問にお応えする「ファイナンシャルプラン相談会」を随時開催しています。

お子さんの誕生や学費、塾や習い事などの教育費、車のローン、保険、旅行やレジャーといった娯楽費、月々の貯蓄はいくらが妥当なのか、住宅購入後の資金の流れなど、何年後にどれだけの資金が必要なのかなど・・・

お客様のライフプランにあった一生涯の資金シミュレーションを作成いたします。

その中で、住宅購入の頭金を貯めてからの方が良いのか、低金利の今の内に購入した方が良いのかといったこともご相談いただけます。

資金のことが分かれば、これから先の人生を安心して暮らすことができるのではないかと私たちは考えます。

この相談会が、みなさんの住宅購入の一助になれば幸いです。

ぜひ、お気軽にお問合せください。

 

お客様インタビュー「お気に入りがいっぱいの家」K様邸 |桜井・橿原の分譲・注文住宅 の日生ハウジング

こんにちは!「創る家」の日生ハウジングです。

先日ご紹介させて頂いた、K様邸「お気に入りがいっぱいの家」

「フレンチシックなお気に入りがいっぱいの家」

Vol.1 (http://www.nissei-housing.co.jp/blog/?p=1258)

Vol.2 (http://www.nissei-housing.co.jp/blog/?p=1273)

お二人がこだわって描かれた空間が魅力のお家でしたね。

引き渡しを終えた後に、K様に実際の住み心地などのインタビューをさせて頂きました。

今回は、そのインタビューをご覧いただきます。

 

K様邸 |お客様インタビュー

——————————————————–

―― 日生ハウジングとの出会いを教えてください?

いつかは新築戸建に住みたいなとは夫婦ともに思っていたのですが、特に今という具体的な時期は決めていませんでした。

住宅展示場なども行きましたが、あくまでなんとなくといった感じです。

そんなときに職場の先輩から、「桜井で家を建てるなら良い会社があるよ」と日生ハウジングさんをご紹介いただいたんです。

 

―― 日生ハウジングに決めた理由は何ですか?

最初にモデルハウスを見たんですが、雰囲気も良くオシャレな感じですぐに気に入りました。

また土地も、葛城市や橿原市なども検討していたのですが、桜井にちょうど良い場所があったので、良い機会だと思い決断しました。

最初はそんなにすぐ建てようとは思ってなかったのですが、トントン拍子に全部がうまく決まっていきましたね(笑)

 

―― お家づくりの中で大変だった点はありますか?

夫婦2人なのですが、両方とも好みが違うので最初から統一したイメージではできないだろうなと思いました。

なのでお互いにこだわりたい部分を最初に決めて、その他のところに関しては妥協ではないですが、相手の言うことも聞いてみようと(笑)

おかげで大きな意見の衝突もなく、スムーズにお家作りが進んでいきましたね。

唯一大変だったのはショールームに何回も足を運んだので、そこは大変でした。行くたびにもっといいアイディアが浮かんだりしてキリがなかったです(笑)

 

―― では奥様とご主人のこだわりポイントを教えてください。

【奥様】

私は西海岸をイメージした雰囲気の内装にしたかったので、床や壁紙・水回りなどの柄やデザインをこだわりました!

イメージはできていたんですが、具体的にこういう柄やデザインにして欲しいと言葉で表現できなかったので、アプリや雑誌なんかで似たような写真を探してコーディネーターさんに見てもらいながら進めていきました。

 

【ご主人】

僕は中庭が欲しかったので、プランを凹型にしてもらいました。

あと外壁や外構は僕が決めさせてもらいました。

本当は外壁もネイビーブルーにしたかったんですがその色が無かったので、コーディネーターさんと相談をしてブラウン系の色にしました。

どうなるかなと思いましたが、実際に完成したら思ったよりも良い感じで良かったですね!

 

―― お家の住み心地はいかがですか?

2人とも共通して言うのは、本当に居心地がいいんです!!

まだ住み始めて1ヶ月くらいですが、家にいると落ち着くんですよね(笑)

風通しもいいですし、カーテンや家具の色に青を使うことで西海岸風にもなりました。

お互いのゆずれない部分が、いい形で表現できてうまく混ざった感じです!お気に入りの場所がいっぱいの家になりました!

——————————————————–

K様、ありがとうございました。

「家にいると落ち着く」と仰って頂けたのが、嬉しかったですね。

これからも「住むこと」をエンジョイして益々「お気に入りの家」にしてくださいね♪

またいつでもお気軽に立ち寄ってください!

お待ちしております。

いざという時の備えに|桜井・橿原の分譲・注文住宅の日生ハウジング

こんにちは!「創る家」の日生ハウジングです。

 
この度の西日本を中心とした豪雨で被害に遭われた方に心よりお見舞い申し上げます。

特別警報は解除されておりますが、この雨で地盤が緩んでいるところもあると思いますので、引き続き周囲の状況に注意を払い、無理はなさらずにお過ごしください。

今回は、災害についての備えとして役立つ「ハザードマップ」についてお話します。

皆様は「ハザードマップ」というものをご存知でしょうか?

これは自然災害による被害を予測し、その被害範囲を地図化したもので各市町村のホームページで閲覧することが出来ます。

ハザードマップは数種類に分かれています。

今回のような豪雨による水害を予想した「浸水予想区域図」に、避難所や避難経路が記載されています。

ハザードマップは、各自治体によって種類が異なっていますが、

今回は浸水予想区域図と土砂災害ハザードマップについてご紹介します。

 

◆ 浸水予想区域図

大雨や台風の影響によって河川が氾濫した場合、浸水するエリアとその深さを想定したマップです。

想定被害の大きさを色付けしてレベルを分けているのが特徴です。

この想定被害は、河川から近いエリアのみならず、河川から離れた場所にも、その地形や地盤の状態からも大きな被害が予測されることがあるので、注意が必要です。

 

◆ 土砂災害ハザードマップ

今回の西日本のような、災害レベルの豪雨で引き起こされる土砂災害が発生する危険のあるエリアを示した図です。

土砂災害は集中豪雨・地震・台風などにより偶発的に発生する恐れがあるため、普段から警戒して災害に備えておくことを目的として作成されています。

ハザードマップでは、避難場所も記されています。

加えて、その避難所の「災害用備蓄庫」や「食料配布」などの情報も記載されている場合もありますので、いざという時の備えに是非一度お住いの市町村のマップをご確認ください。

台風やゲリラ豪雨への対策はできていますか?|桜井・橿原の分譲・注文住宅の日生ハウジング

こんにちは、「創る家」の日生ハウジングです!

今日は終日雨模様ですね。これから台風やゲリラ豪雨が発生しやすいシーズンでもあります。

この季節になると暴風雨による屋根の雨漏りや窓からの雨の侵入、軒先の雨どいの詰まりなど不具合を見つけることがあります。

その時になって慌てて対処することのないよう、まずは事前にしっかりチェック、掃除しておくことが必要です。

 

◆「屋根」の状態は大丈夫ですか

普段見ることがない屋根。屋根の材質には、瓦やスレートなど様々な種類があり、ヒビ割れやズレが雨漏りの原因となります。近年の仕様では、強風でも瓦などが飛びにくいようになっていますが、築年数が経っていて屋根のメンテナンスをしたことがない場合は、一度念入りに点検することをオススメします。

もちろん、一般の方が屋根で確認作業をするのは危険ですので、プロに点検・メンテナンスを依頼してくださいね!

 

◆「窓」付近の物は片付けましょう

ベランダに鉢植えの植物や荷物を置いている場合、台風の強風で倒れ窓ガラスが割れることがあります。飛散したガラスで怪我をすることもあるので、窓の近くには物を置かないようにしてください。

また、窓の開け閉めがしにくい場合、窓枠(サッシ)が歪んでいる可能性も。歪んだ隙間から雨が吹き込むことも考えられるため、早めに改修しておきましょう。

 

◆「雨どい」、「排水溝」の掃除はできていますか

屋根を伝って雨が流れ落ちていく軒先の「雨どい」、ベランダに設置されている「排水溝」。こういった場所には、落ち葉や塵、粉じんといったゴミがたまりやすく、雨が降っても流れずに詰まってしまいます。普段から、ゴミを取り除き小まめに掃除をしておきましょう。

ご自身で出来ることと、プロに任せることの違いはありますが、自然災害に備えた点検・メンテナンスは、今のうちにしっかり対応しておくことが大切です。

住宅は一生に一度の大きな買い物です。

メンテナンスをこまめに行っている家とそうでない家とで、同じ築年数でも大きな差が生じます。

将来にわたって長く快適に住むため、それと子供たちが大きくなって独立した後も、「実家に戻ってゆっくり過ごしたい」、そう思われるようにいつまでもメンテナンスが行き届いたキレイなお家でありたいものですね♪

「大阪北部地震」被害へのお見舞い

このたびの大阪北部地震で被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。
また、被災地等におきまして、
救援や復旧活動に尽力されている方々に深く敬意を表しますとともに、
皆さまの安全と一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

35周年の感謝を込めて|桜井・橿原の分譲・注文住宅の日生ハウジング

こんにちは、「創る家」の日生ハウジングです!

<35周年の感謝を込めて>
奈良県桜井市を始め近隣地域の皆さまのご愛顧を賜り、おかげさまで1983年(昭和58年)6月の創業から今年で35年を迎えるまでになりました。
創業以来「お客様のことを第一に考えた家創り」をモットーに、住みやすく素敵な住宅をお届けするために、日々邁進してまいりました。

これまでの間に、バブルの崩壊、リーマンショックといった日本ならず世界経済に影響を与える社会情勢もありましたが、そんな時もお客様が快適にそして安心して暮らせる家を提供したい!その一心で続けてきました。

性能、質感、構造など家創りに欠かせない要素を満たし、しっかりとした住みやすい家を建てることにこだわり続け、これまでに手がけた住宅は優に1,500世帯を超えるまでになりました。今日があるのは、皆さまのおかげだと本当にありがたく感じています。

これから新しくお越しになるお客様はもちろん、親子2代・3代と家創りのお手伝いができることも、この上ない喜びとなっています。

日本建築をみても分かるように、木造の中には数百年という時を経てもなお立派な勇姿を讃えている建築物が多くあります。

私たちも、奈良県の風土に適した木材、建築設計、デザイン、設備仕様で永く安心して暮らせる家を目指し、時代とともに進化していけるよう研鑽に努めています

お客様の理想の暮らしが実現できるようニーズに応えつつ、当社ならではの住宅をご提案できるよう、またお客様にとって最適な会社であるよう、常にクオリティの向上を念頭におき、一人でも多くのお客様に笑顔をお届けできるように、スタッフ一同さらに精進していく所存でございます。

最後にあらためて、お客様をはじめ地域の皆さまに感謝を申し上げます。
これからも、日生ハウジングをよろしくお願い申し上げます

寒い「リビング階段」はもう古い?高気密・高断熱で快適室温とデザインを両立

こんにちは!「創る家」の日生ハウジングです。

マイホームの間取りやプランを考えるのはとても楽しい事。

時代の移り変わりにしたがって、流行の間取りやインテリアは日々変化し、建築に携わる私たち自身、毎日が新しい発見と勉強の連続です。

中でも流行が定番化し、最近すっかりお馴染みになっているのが、今回ご紹介する「リビング階段」。

その名の通り、リビングにある階段です。

階段は廊下にあるもの」という考え方から一線を画したスタイルで人気を呼んでいます。

なんと言ってもその特長は、開放感のある空間を演出できること。

吹き抜けと組み合わせるなど、階段をインテリアとして楽しむこともでき、見た目にもスタイリッシュでおしゃれです。

また外出・帰宅時に必ずリビングを通るため、自然と家族と顔を合わす機会が自然と多くなり、小・中学生のお子様がいらっしゃるご家庭にとても人気があります。

一方で、「リビング階段」が急激に増え始めた十数年前から、「部屋が寒くなる」というデメリットもささやかれてきました。

確かに、今ほど「気密・断熱」にこだわっていなかった従前の家では、せっかく暖房で室内を温めても隙間風が入ってきたり、断熱性能の低いサッシなどから熱が逃げて行ったりといったことがありました。

ところが、昨今の高気密・高断熱の家では、しっかりと隙間なく施工ができ、なおかつサッシや断熱材の断熱性も強化されているので、「リビング階段は寒い」という声を払拭できつつあります。

とりわけ日生ハウジングは今年4月からBELS5つ★が標準仕様に。

なおかつ気密測定でC値1.0を下回る工法で、ワンランク上の気密性・断熱性をお約束しています

住宅の「性能」と「デザイン」の両立が難しかった時代から、高気密・高断熱でおしゃれなお家が建つ時代へ!

高性能とハイデザインを兼ね備えた当社の「創る家シリーズ

是非一度モデルハウス見学会におこしください!

 

日生ハウジングではただ今、一緒に働いてくれる仲間を募集中。

お客様さまのことを第一に考えた家創りで、地元奈良にたくさんの笑顔を咲かせませんか。

===スタッフ募集中===

【職種】

  • 営業
  • 設計士
  • インテリアコーディネーター
  • 工務(施工管理)
  • 一般事務(パートスタッフ)

【給与】

年齢·経験·前職給与を考慮の上決定

【応募方法】

電話またはメールにてご相談ください

http://www.nissei-housing.co.jp/contact

年中無休のアフターコールサービスで、住まいのSOSに24時間365日対応!|桜井・橿原の分譲・注文住宅の日生ハウジング

こんにちは、「創る家」の日生ハウジングです!

 

マイホームをお考えの皆さま。

どの住宅会社に依頼するか検討するとき、建てた後のことまで考えて選んでいますか?

ずっと長く安心して住み続けられるように、アフターサポートがしっかりした会社に任せたいですよね。

日生ハウジングは、お引き渡し後も充実のアフターサービスで安心安全な暮らしをバックアップします。

 

今回は、そんなサポート体制の中でも「年中無休のアフターコールサービスについてご紹介させていただきましょう!

当社では24時間365日対応のコールサービスをご用意して、住まいのトラブルに対応

万が一、住み始めてから水漏れや設備の不調などの緊急事態に見舞われた場合、昼夜を問わずコールセンターへご連絡していただけます。

連休中や深夜に急な事態が起こると焦ってしまいがちですが、いつでも電話できる場所があれば心強いですね。

※内容や状況によっては修理等のご対応が翌営業日以降の対応になる場合もあります

 

また、ご存じない方もいらっしゃるかもしれませんが…

日生ハウジングはリフォームも手掛けている会社http://www.nissei-housing.co.jp/reform/)。

当然アフターメンテナンス体制が整っており、適切なメンテナンスでマイホームを長持ちさせることができます。

家を築30年程度で建て替える時代から、お手入れしながら長く住まう時代へシフトしつつある今。

お引き渡し後のサポートも含めたトータルのクオリティーで住宅会社を選びましょう!

 

 

日生ハウジングでは、ただ今、一緒に働いてくれる仲間を募集中。

お客様さまのことを第一に考えた家創りで、地元奈良にたくさんの笑顔を咲かせませんか。

 

===スタッフ募集中===

【職種】

  • 営業
  • 設計士
  • インテリアコーディネーター
  • 工務(施工管理)
  • 一般事務(パートスタッフ)

【給与】

年齢·経験·前職給与を考慮の上決定

【応募方法】

電話またはメールにてご相談ください

http://www.nissei-housing.co.jp/contact