「木目のぬくもりを感じるナチュラルシックな家」 K様邸 Vol.1|桜井・橿原の分譲・注文住宅 の日生ハウジング

こんにちは!「創る家」の日生ハウジングです。

今日は、桜井市大神神社で、「おんぱら祭奉納花火大会」が開催されます。
毎年この時期の桜井の風物詩。いよいよ夏本番ですね♪

さて今回は、「木目のぬくもりを感じるナチュラルシックな家」 K様邸をご紹介いたします。

桜井市に完成したとても素敵なお家です。
打ち合わせのエピソードとともにお楽しみください。

K様邸 |インテリアコーディネーター・インタビュー(Vol.1)

——————————————————–

――初めてお二人にお会いした感想をお聞かせください。

「とても穏やかなご夫婦」といった感想です。

お二人のおかげで、こちらもゆったりした気持ちで楽しくお打ち合わせさせていただきました。

――「こういった家にしたい」とお客様の中で具体的にイメージは固まってましたか?

打ち合わせの中でカタログなどを参考に、お二人のお好きなイメージをお聞きしていきました。

照明や壁紙のカタログをお持ち帰りいただき、じっくり見ていただきました。

――「○○の家」と名付けるなら何になりますか?

~木目のぬくもりを感じるナチュラルシックな家~

建具の味わい深い木目がぬくもりを感じさせ、落ち着いた気持ちにさせてくれます。

一見すると落ち着いたお部屋ですが、ところどころに遊びゴコロのある壁紙を施しているのがポイントですね。

――ご主人、奥様でそれぞれこだわりの部分はありましたか?

どの部分もお二人でご一緒に相談されて決められている印象でした。

その中でも、ご主人様はキッチンの照明にこだわられて、埋め込み式の壁を照らすタイプを選ばれました。

ダウンライトとはまた違ったシャープな雰囲気になりましたね。
奥様は、インスタグラムから壁紙のイメージを送ってくださり、1Fのトイレはイメージ通りの仕上がりになりました。

また、和室の天井には、留紺(とまりこん)の壁紙を選ばれ、雰囲気のあるシックな空間に仕上がりましたね。

――外観はどういった仕上がりになりましたか?

外観はバルコニーとポーチ周りのビターな色目をアクセントに、石目調のサイディングで全体的に重厚感のある落ち着いた印象に仕上がりました。

寄棟の屋根の形やサッシのブラウンの縁どりが効いていますね。

——————————————————–

ありがとうございました。

次回も引き続きK様邸のインテリアコーディネートをご覧いただきます。
どうぞお楽しみに♪

■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■

えがお・きずな・みらい 創る家
株式会社 日生ハウジング
桜井・橿原を中心とした
分譲住宅・注文住宅・設計施工・販売・仲介

〒633-0001
奈良県桜井市三輪72番3
TEL 0120-46-3362

ホームページはこちら
http://www.nissei-housing.co.jp/

インスタグラムはこちら
https://www.instagram.com/nissei_housing/

ピンタレストはこちら
https://www.pinterest.jp/nisseihousing/

■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■

夏、涼しい快適な家づくり!|桜井・橿原の分譲・注文住宅の日生ハウジング

こんにちは、「創る家」の日生ハウジングです!

夏休みに入ったお子さん達の賑やかな声が、色々なところからで聞こえてきます。

子どもの笑い声を聞くとなんだか元気になりますね!

夏の暑い日差しを浴びながら、誰もいないお家へ一番に帰ると家の中が、ムッとしていることありませんか。

空調の効いた涼しい部屋をイメージして帰ってきたのに残念…
なんてことありますよね。

これは、真夏の太陽や熱気にさらされた外壁を通して、室内に熱が伝わっているからなんです。

住宅の外壁が暑いままでは、いくら冷房を入れても室内は冷えにくいのです。
ちなみに、冬はその逆で外壁を通じて室内の暖かさが外に逃げています。

そこで日生ハウジングでは、夏・涼しく、冬・暖かいお家を実現するために「高断熱」を標準とした住宅づくりに取り組んでいます。

「高断熱」とは、天井や屋根、外壁の中に外気と室内の熱の伝導率を抑制する働きのある断熱材を施すことです。

また外気と室内の温度差で起こる窓の結露も、熱を伝えにくいサッシを採用することで断熱効果が高められ、結露を抑えることができます。

魔法瓶のような状態をイメージしてもらえれば分かりやすいと思います。

また前回、紹介した隙間がほとんどない「高気密」との相乗効果で、室内における夏の涼しさ、冬の暖かさをキープしやすくなります。

そのため、真夏の暑いとき、真冬の寒いときでも、エアコン1〜2台で家中が快適に過ごすことができるため、光熱費も抑えることが可能です。

日生ハウジングでは、これからも家族みんなが楽しく健康に暮らせる住宅づくりに邁進してまいります。

どんな住宅なのかは、モデルハウス見学でぜひ体験してみてください。

みなさんのお越しをお待ちしています。

「ファイナンシャルプラン相談会 随時開催中!」|桜井・橿原の分譲・注文住宅の日生ハウジング

こんにちは、「創る家」の日生ハウジングです!

住宅の購入を検討されているお客様が避けては通れない「お金」のこと。

預貯金額、親からの資金援助、家族構成や将来のライフスタイルなど、まさにお客様によって、資金計画は十人十色です。

住宅購入を検討しているお客様からよく質問されること

――――――――――――――――――――――――――

◆今、買い時ですか?
◆私たちにも、購入できるんでしょうか?
◆どれくらいの資金が必要なのか検討がつかないんです
◆賢い住宅ローンの組み方ってあるんでしょうか
◆住宅ローンの支払い中に、何かあったらと思うと心配です
◆子どもの教育費や車のローン・維持費などこれから何かとお金がかかるので、住宅を買っても大丈夫なのか気になります。
◆もう少し、頭金を貯めてから検討した方がいいのか、それとも住宅ローン金利の低いうちに購入した方がいいのか私たちにとって、一番良い方法ってありますか。

――――――――――――――――――――――――――

といった色んな相談をいただきます。

住宅購入を考えるとき、やはり資金のことは気になりますよね。

そこで、日生ハウジングではお金の専門家・ファイナンシャルプランナーによる、お客様の疑問にお応えする「ファイナンシャルプラン相談会」を随時開催しています。

お子さんの誕生や学費、塾や習い事などの教育費、車のローン、保険、旅行やレジャーといった娯楽費、月々の貯蓄はいくらが妥当なのか、住宅購入後の資金の流れなど、何年後にどれだけの資金が必要なのかなど・・・

お客様のライフプランにあった一生涯の資金シミュレーションを作成いたします。

その中で、住宅購入の頭金を貯めてからの方が良いのか、低金利の今の内に購入した方が良いのかといったこともご相談いただけます。

資金のことが分かれば、これから先の人生を安心して暮らすことができるのではないかと私たちは考えます。

この相談会が、みなさんの住宅購入の一助になれば幸いです。

ぜひ、お気軽にお問合せください。

 

「カフェモダンなインテリアを楽しむ家」N様邸 Vol.2|桜井・橿原の分譲・注文住宅 の日生ハウジング

こんにちは!「創る家」の日生ハウジングです。

前回ご覧いただいたN様邸の「カフェモダンなインテリアを楽しむ家」

N様邸 Vol.1 (http://www.nissei-housing.co.jp/blog/?p=1496)

遊び心のある空間が印象的なお家でしたね。

今日は引き続きN様邸をご紹介いたします。

N様邸 |インテリアコーディネーター・インタビュー(Vol.2)

——————————————————–

―― ご主人様、奥様でそれぞれ思いのこもった「こだわり」の部分はありましたか?

ご主人様は、板貼りの天井と、ダークなアクセントクロスを。

男の人の力強さが表現されていると思います。

奥様は、ドアのない開口部にアーチ型のデザインと、明るく元気の出るアクセントクロスを。アーチの曲線美はとても美しく、しなやかさを表現できました。

お二人それぞれのイメージがありながらも、シンプルで統一感のあるコーディネートにまとまって、とても素敵なインテリアになったと思います。

――コーディネートで難しかった点はありましたか?

1階の主寝室のベッドヘッド上のニッチについては、高さや幅、ニッチ横にある引戸などのバランスに制限があり、寸法をシュミレーションしたりイラストを描いてみたりしながら、ご相談していきました。

平面図では見えないことも、立体となるとまた違って感じることもあるので、実際にスケッチすると新しい発見をすることもありますので、お客様に違った角度からご提案が出来ます。

――お客さまに無事お引き渡しが出来ましたが、最後にお客さまに一言お願いします。

2階と1階とのつながりと、板貼りの天井が、家全体の一体感につながり、ご家族の気配がそこここに感じられる家での暮らしが目に浮かぶようです。

これからのお子様の成長と共に、この家のインテリアや使い方も変化しつつ暮らしを楽しんでくださいね。

――これからインテリアコーディネートの打ち合わせをするお客様に、「ご自身の理想のイメージを、担当コーディネーターに上手く伝える方法」などありましたら、教えてください。

最近だと、Instagram  Pinterest などの画像アプリなどを利用して、お好みのイメージ画像を見せてくだる方もいらっしゃいます。

町で見かけた家のイメージや、カフェのイメージなど、雑誌のページなど画像で見せていただくと、イメージが伝わりやすいですね。

 

——————————————————–

N様、本当におめでとうございます!

お二人とお会いして、こうしてお家を無事に引き渡せたことをスタッフ一同心より感謝しています!

これから素敵なお家で新生活がスタートしますね♪

思う存分に「暮らし」を楽しんでください!

「カフェモダンなインテリアを楽しむ家」N様邸 Vol.1|桜井・橿原の分譲・注文住宅 の日生ハウジング

こんにちは!「創る家」の日生ハウジングです。

皆さま、桜井市にとってもステキな個性溢れるお家が誕生しました!

N様邸の「カフェモダンなインテリアを楽しむ家」をご紹介いたします♪

格好良い家になりましたので、ぜひコーディネートの参考にしてみてください!

N様邸 |インテリアコーディネーター・インタビュー(Vol.1)
——————————————————–

――初めてN様にお会いした感想をお聞かせください。

まさに美男美女といった感想です!

美男美女のご夫婦を前に、見とれつつ打合せを進めさせていただきました。

ご夫婦とも、新居への理想をしっかりと描いておられたのも印象的でした。

その理想のイメージもしっかりと持っておられ、打ち合わせの時には画像などを使ってお伝えくださいました。

――「こういった家にしたい」とお客様の中で具体的にイメージは固まってましたか?

シンプルでメリハリのある空間に、板貼りの天井の温かみのあるモダンな空間がお好みでした。

お好みのイメージの画像をいくつか見せていただき、イメージを近づけながらお打合せを進めさせてただきました。

――今回のインテリアのテーマを教えてください。

モダンなカフェをイメージした、1枚のキッチンの画像からお打合せが始まりました。

「キッチンの天井を1段低く下げて板貼りにしたい」
「2階のホールとつながるリビングダイニングの吹き抜けの天井を板貼りにしたい」etc…

本当にお二人で色々な空間をご覧になったんだと思います。

『板張りの天井』に黒のアクセントが、カフェをイメージさせ、この家の個性となっています。

――カフェをイメージさせたお家ですが、「○○の家」と名付けるなら何になりますか?

そうですね。あえて名付けるなら、

~ カフェモダンなインテリアを楽しむ家 ~

板貼りの天井や、凹凸のある吹き抜け空間が、遊び心のある空間となっています。

それに吹き抜けの間接照明やダイニングテーブルの個性あるペンダントライトが、アクセントになり、シンプルモダンなイメージのコーディネートになりました。


ありがとうございました。

見どころ満載でおしゃれなお家ですね。
板貼りの天井、凹凸のある吹き抜け空間など個性的な空間になっていると思います。

次回も引き続きN様邸のインテリアコーディネートをご覧いただきます。
どうぞお楽しみに♪

 

お客様インタビュー「お気に入りがいっぱいの家」K様邸 |桜井・橿原の分譲・注文住宅 の日生ハウジング

こんにちは!「創る家」の日生ハウジングです。

先日ご紹介させて頂いた、K様邸「お気に入りがいっぱいの家」

「フレンチシックなお気に入りがいっぱいの家」

Vol.1 (http://www.nissei-housing.co.jp/blog/?p=1258)

Vol.2 (http://www.nissei-housing.co.jp/blog/?p=1273)

お二人がこだわって描かれた空間が魅力のお家でしたね。

引き渡しを終えた後に、K様に実際の住み心地などのインタビューをさせて頂きました。

今回は、そのインタビューをご覧いただきます。

 

K様邸 |お客様インタビュー

——————————————————–

―― 日生ハウジングとの出会いを教えてください?

いつかは新築戸建に住みたいなとは夫婦ともに思っていたのですが、特に今という具体的な時期は決めていませんでした。

住宅展示場なども行きましたが、あくまでなんとなくといった感じです。

そんなときに職場の先輩から、「桜井で家を建てるなら良い会社があるよ」と日生ハウジングさんをご紹介いただいたんです。

 

―― 日生ハウジングに決めた理由は何ですか?

最初にモデルハウスを見たんですが、雰囲気も良くオシャレな感じですぐに気に入りました。

また土地も、葛城市や橿原市なども検討していたのですが、桜井にちょうど良い場所があったので、良い機会だと思い決断しました。

最初はそんなにすぐ建てようとは思ってなかったのですが、トントン拍子に全部がうまく決まっていきましたね(笑)

 

―― お家づくりの中で大変だった点はありますか?

夫婦2人なのですが、両方とも好みが違うので最初から統一したイメージではできないだろうなと思いました。

なのでお互いにこだわりたい部分を最初に決めて、その他のところに関しては妥協ではないですが、相手の言うことも聞いてみようと(笑)

おかげで大きな意見の衝突もなく、スムーズにお家作りが進んでいきましたね。

唯一大変だったのはショールームに何回も足を運んだので、そこは大変でした。行くたびにもっといいアイディアが浮かんだりしてキリがなかったです(笑)

 

―― では奥様とご主人のこだわりポイントを教えてください。

【奥様】

私は西海岸をイメージした雰囲気の内装にしたかったので、床や壁紙・水回りなどの柄やデザインをこだわりました!

イメージはできていたんですが、具体的にこういう柄やデザインにして欲しいと言葉で表現できなかったので、アプリや雑誌なんかで似たような写真を探してコーディネーターさんに見てもらいながら進めていきました。

 

【ご主人】

僕は中庭が欲しかったので、プランを凹型にしてもらいました。

あと外壁や外構は僕が決めさせてもらいました。

本当は外壁もネイビーブルーにしたかったんですがその色が無かったので、コーディネーターさんと相談をしてブラウン系の色にしました。

どうなるかなと思いましたが、実際に完成したら思ったよりも良い感じで良かったですね!

 

―― お家の住み心地はいかがですか?

2人とも共通して言うのは、本当に居心地がいいんです!!

まだ住み始めて1ヶ月くらいですが、家にいると落ち着くんですよね(笑)

風通しもいいですし、カーテンや家具の色に青を使うことで西海岸風にもなりました。

お互いのゆずれない部分が、いい形で表現できてうまく混ざった感じです!お気に入りの場所がいっぱいの家になりました!

——————————————————–

K様、ありがとうございました。

「家にいると落ち着く」と仰って頂けたのが、嬉しかったですね。

これからも「住むこと」をエンジョイして益々「お気に入りの家」にしてくださいね♪

またいつでもお気軽に立ち寄ってください!

お待ちしております。

いざという時の備えに|桜井・橿原の分譲・注文住宅の日生ハウジング

こんにちは!「創る家」の日生ハウジングです。

 
この度の西日本を中心とした豪雨で被害に遭われた方に心よりお見舞い申し上げます。

特別警報は解除されておりますが、この雨で地盤が緩んでいるところもあると思いますので、引き続き周囲の状況に注意を払い、無理はなさらずにお過ごしください。

今回は、災害についての備えとして役立つ「ハザードマップ」についてお話します。

皆様は「ハザードマップ」というものをご存知でしょうか?

これは自然災害による被害を予測し、その被害範囲を地図化したもので各市町村のホームページで閲覧することが出来ます。

ハザードマップは数種類に分かれています。

今回のような豪雨による水害を予想した「浸水予想区域図」に、避難所や避難経路が記載されています。

ハザードマップは、各自治体によって種類が異なっていますが、

今回は浸水予想区域図と土砂災害ハザードマップについてご紹介します。

 

◆ 浸水予想区域図

大雨や台風の影響によって河川が氾濫した場合、浸水するエリアとその深さを想定したマップです。

想定被害の大きさを色付けしてレベルを分けているのが特徴です。

この想定被害は、河川から近いエリアのみならず、河川から離れた場所にも、その地形や地盤の状態からも大きな被害が予測されることがあるので、注意が必要です。

 

◆ 土砂災害ハザードマップ

今回の西日本のような、災害レベルの豪雨で引き起こされる土砂災害が発生する危険のあるエリアを示した図です。

土砂災害は集中豪雨・地震・台風などにより偶発的に発生する恐れがあるため、普段から警戒して災害に備えておくことを目的として作成されています。

ハザードマップでは、避難場所も記されています。

加えて、その避難所の「災害用備蓄庫」や「食料配布」などの情報も記載されている場合もありますので、いざという時の備えに是非一度お住いの市町村のマップをご確認ください。

台風やゲリラ豪雨への対策はできていますか?|桜井・橿原の分譲・注文住宅の日生ハウジング

こんにちは、「創る家」の日生ハウジングです!

今日は終日雨模様ですね。これから台風やゲリラ豪雨が発生しやすいシーズンでもあります。

この季節になると暴風雨による屋根の雨漏りや窓からの雨の侵入、軒先の雨どいの詰まりなど不具合を見つけることがあります。

その時になって慌てて対処することのないよう、まずは事前にしっかりチェック、掃除しておくことが必要です。

 

◆「屋根」の状態は大丈夫ですか

普段見ることがない屋根。屋根の材質には、瓦やスレートなど様々な種類があり、ヒビ割れやズレが雨漏りの原因となります。近年の仕様では、強風でも瓦などが飛びにくいようになっていますが、築年数が経っていて屋根のメンテナンスをしたことがない場合は、一度念入りに点検することをオススメします。

もちろん、一般の方が屋根で確認作業をするのは危険ですので、プロに点検・メンテナンスを依頼してくださいね!

 

◆「窓」付近の物は片付けましょう

ベランダに鉢植えの植物や荷物を置いている場合、台風の強風で倒れ窓ガラスが割れることがあります。飛散したガラスで怪我をすることもあるので、窓の近くには物を置かないようにしてください。

また、窓の開け閉めがしにくい場合、窓枠(サッシ)が歪んでいる可能性も。歪んだ隙間から雨が吹き込むことも考えられるため、早めに改修しておきましょう。

 

◆「雨どい」、「排水溝」の掃除はできていますか

屋根を伝って雨が流れ落ちていく軒先の「雨どい」、ベランダに設置されている「排水溝」。こういった場所には、落ち葉や塵、粉じんといったゴミがたまりやすく、雨が降っても流れずに詰まってしまいます。普段から、ゴミを取り除き小まめに掃除をしておきましょう。

ご自身で出来ることと、プロに任せることの違いはありますが、自然災害に備えた点検・メンテナンスは、今のうちにしっかり対応しておくことが大切です。

住宅は一生に一度の大きな買い物です。

メンテナンスをこまめに行っている家とそうでない家とで、同じ築年数でも大きな差が生じます。

将来にわたって長く快適に住むため、それと子供たちが大きくなって独立した後も、「実家に戻ってゆっくり過ごしたい」、そう思われるようにいつまでもメンテナンスが行き届いたキレイなお家でありたいものですね♪

高気密は、「性能」と「精度」|桜井・橿原の分譲・注文住宅 の日生ハウジング

こんにちは!「創る家」の日生ハウジングです。

先日、当社で建てたお家で「気密測定」を行い、C値=0.18 c㎡/㎡を計測しました。

もちろん過去最高記録で、驚きとともにとても喜ばしく感じています。

お家の「性能」を語るうえで、とても重要な「気密」。
そこで今回は、「気密」についてのお話です。

まずは、気密について少しおさらいしましょう。

気密性能とは=お家全体の隙間。

「気密性能が高い」=お家全体の隙間が小さい。
「気密性能が低い」=お家全体の隙間が大きい。

お家の気密性能を測る指標に「C値」という物差しがあります。

これは建物にどれだけの隙間があるかを測定し、数値が低いほど気密性が高いということになります。

これからの時期、ますます暑くなりますよね。

そんな時に欠かせないのがエアコン。

けども、想像してみてください。

お家にたくさん隙間があると、エアコンからの涼しい風が隙間から逃げていきますよね。

冷房負荷がたくさん生じるので、光熱費も高くなります。

気密性を高めることは、エコに快適に暮らすコツなのです。

当社では、今年から全棟に気密測定を実施しています。

実際に数値でデータを集計して、平均値を計測して、施工技術の向上に役立てています。

全棟の気密測定の結果、C値の平均値は0.48 c㎡/㎡でした。

一般的にC値=1.0 c㎡/㎡以下(ハガキ1枚分の隙間)で、「高気密高断熱の家」と言われています。

お家の間取り、窓の形や大きさなどにC値は影響を受けますが、今回のC値の平均値=0.48 c㎡/㎡にはとても嬉しく思います!

気密性能は、別の言い方をすれば、家の精度でもあります。

確かな施工の技術があってこそ、高気密の家が生まれます。

今回の結果は、日頃から現場監督をはじめ、職人の努力の賜物だと思います。

この結果に決して満足することなく、これからも施工精度の向上に努め、より快適なお家を建てて、お客様に喜んでいただきたいですね!