寒い「リビング階段」はもう古い?高気密・高断熱で快適室温とデザインを両立

こんにちは!「創る家」の日生ハウジングです。

マイホームの間取りやプランを考えるのはとても楽しい事。

時代の移り変わりにしたがって、流行の間取りやインテリアは日々変化し、建築に携わる私たち自身、毎日が新しい発見と勉強の連続です。

中でも流行が定番化し、最近すっかりお馴染みになっているのが、今回ご紹介する「リビング階段」。

その名の通り、リビングにある階段です。

階段は廊下にあるもの」という考え方から一線を画したスタイルで人気を呼んでいます。

なんと言ってもその特長は、開放感のある空間を演出できること。

吹き抜けと組み合わせるなど、階段をインテリアとして楽しむこともでき、見た目にもスタイリッシュでおしゃれです。

また外出・帰宅時に必ずリビングを通るため、自然と家族と顔を合わす機会が自然と多くなり、小・中学生のお子様がいらっしゃるご家庭にとても人気があります。

一方で、「リビング階段」が急激に増え始めた十数年前から、「部屋が寒くなる」というデメリットもささやかれてきました。

確かに、今ほど「気密・断熱」にこだわっていなかった従前の家では、せっかく暖房で室内を温めても隙間風が入ってきたり、断熱性能の低いサッシなどから熱が逃げて行ったりといったことがありました。

ところが、昨今の高気密・高断熱の家では、しっかりと隙間なく施工ができ、なおかつサッシや断熱材の断熱性も強化されているので、「リビング階段は寒い」という声を払拭できつつあります。

とりわけ日生ハウジングは今年4月からBELS5つ★が標準仕様に。

なおかつ気密測定でC値1.0を下回る工法で、ワンランク上の気密性・断熱性をお約束しています

住宅の「性能」と「デザイン」の両立が難しかった時代から、高気密・高断熱でおしゃれなお家が建つ時代へ!

高性能とハイデザインを兼ね備えた当社の「創る家シリーズ

是非一度モデルハウス見学会におこしください!

 

日生ハウジングではただ今、一緒に働いてくれる仲間を募集中。

お客様さまのことを第一に考えた家創りで、地元奈良にたくさんの笑顔を咲かせませんか。

===スタッフ募集中===

【職種】

  • 営業
  • 設計士
  • インテリアコーディネーター
  • 工務(施工管理)
  • 一般事務(パートスタッフ)

【給与】

年齢·経験·前職給与を考慮の上決定

【応募方法】

電話またはメールにてご相談ください

http://www.nissei-housing.co.jp/contact

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です