子どもが健やかに育つ住まい「育みの空間」をご紹介

こんにちは!「創る家」の日生ハウジングです。

皆さま、GWをいかがお過ごしですか?

今回はこどもの日にちなんで、「育みの空間」について考えてみましょう!

当社で新築をご検討されている方は、「子育て世代」というケースがとても多いです。

お家のプランを一緒に考えていくと、子ども部屋の間取りや広さ、どこに勉強机やベッドを配置するかなど、将来を見据えてきめ細かなプランニングが大事になってきます。

お家は可愛いお子さまの成長を見守りながら一緒に楽しく過ごす空間です。

そこで、子育て世代のお客様にぜひ取り入れて欲しい、育みの空間設計のポイントをいくつかご紹介します。

 

・家族のカタチに合わせて変化する子ども部屋

子ども部屋は、家族の人数や成長に合わせてカタチを変えられるように、可変性を持たせるのがおススメです。

新築の段階で、後から間仕切りを入れることを想定して施工。

あらかじめドアや収納は2つ設け、部屋を分けた時に振り分けられるようにしておきます。

お子さまが一人のうちは1部屋として使用し、将来的に兄弟が増えたら2部屋に仕切る、あるいは小さいうちは兄弟で部屋を共有し、思春期になったら間仕切ってそれぞれに一人部屋を与えるというようにフレキシブルに活用しましょう。

 

・健やかに学習習慣を育めるスタディスペース

頭のいい子を育てる空間として、最近注目を集めているリビングのスタディスペース。

ここ数年、お家のプランニングでスタディスペースのご要望が多くなってきました

LDKの一角にカウンターを設けることで、家族がお子さまの学習を見守ることができ、自然と学習習慣が付きやすくなります。

またキッチンでお料理をしているママから目が届く場所に勉強用のカウンターを設置すれば、親子の会話が増えて、ますます楽しい時間を過ごせますね♪

日生ハウジングでは、他にもさまざまな子育て空間をご提案しています。

楽しく子育てができ、お子さまがスクスク育つ、伸びやかな住空間を一緒に創造しましょう♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です