オリジナルブランド・プロジェクト第2回「ビンテージモデルのラフデザイン」|桜井・橿原の分譲・注文住宅の日生ハウジング

先月の投稿(http://www.nissei-housing.co.jp/blog/?p=55)で、現在私たちが進めている自社オリジナルのシリーズについてご紹介させていただきました。

今回はその続報です。

ビンテージ」「ナチュラル(ヨーロッパ調・シャービック)」「和モダン」の3つのデザインを想定しており、現在は先行してビンテージのモデルのプランニングを進めています。

 

前回は設計士に間取りのラフを上げていただいたところまでお話しましたが、そのラフプランを営業スタッフがチェックし、間取りや仕様の修正点をピックアップしました。

現在は、その直しを元に設計士が再度ラフを起こし、上がってきたものを建築積算ソフトにかけ、想定している価格帯で販売できるのかの確認を行っているところです。

(この作業を経て、実際の仕様や価格が決定します)

 

まずは「ビンテージ」のモデルをひとつ完成させ、それを基準に設備や建材の仕様などを変えて、同じデザインで3つの価格帯を設定できればと考えています。

(同様に、他のデザインモデルでも3つの価格帯の設定をめざす予定です)

人気のあるデザイン、仕様などを取り入れながら、お客様のニーズにかなった自社のオリジナルシリーズの完成に向け、私たちスタッフも日々意見を交わし、プロジェクトを進めています。

今後の展開にもご期待ください!

「オリジナルブランド・プロジェクト第2回「ビンテージモデルのラフデザイン」|桜井・橿原の分譲・注文住宅の日生ハウジング」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です