「ネイビーブルーの家」S様邸 Vol.1|桜井・橿原の分譲・注文住宅 の日生ハウジング

こんにちは!「創る家」の日生ハウジングです。

今日ご紹介するのは、桜井市のS様邸「ネイビーブルーの家」。
市内の住宅街の一角に、とても力強く格好良いお家が完成しました。

先日無事にお引き渡しが出来て、とても嬉しく思います。
今回は、S様邸を担当インテリアコーディネーターのインタビューも交えながらお届けいたします。

S様邸 |インテリアコーディネーター・インタビュー(Vol.1)
——————————————————–

――S様と最初にお会いした時の感想をお聞かせください。

誠実で親しみある笑顔のご主人様と、いつもにこやかでとても可愛らしい奥様でした。
初回お打ち合わせから、新居への夢も具体的にお話いただき、ご夫婦とも家づくりを楽しまれているといった印象でした。
担当させていただいて、とても楽しかったです。

――インテリアコーディネートのテーマを教えてください。

テーマは、『趣味も楽しむソフトビンテージなインテリア空間』です。
当初からイメージしておられた、ネイビーブルーの外観に合わせ、インテリアもネイビーブルーの室内ドアをアクセントカラーに、ビンテージスタイルも取り入れたコーディネートにされました。


壁面のアクセントにもなる室内ドアは、部屋ごとに色を変えられながらも、統一感がでるようにバランスを考えています。
アクセントクロスも、ネイビーブルーやグレーを取り入れ、甘さを抑えつつも、のびやかで親しみのある空間となりました。


小上がりの和室は堀座卓を採用され、リビングルームも和室も、開け放して一体となったインテリア空間となりました。

――なるほど、S様邸の「ネイビーブルーの家」は当初からイメージされていたカラーだったんですね。

そうですね。
『ネイビーブルーの家』
家のイメージそのままですが、ネイビーブルーのきりりとしたアクセントがそこここに効いています。
そのアクセントが、シンプルな空間の中でパワーを感じさせてくれているように思います。


外観のコーディネートもネイビーブルーの外壁と、玄関ドア・軒裏の木質系の色合いがポイントとなっています。
とても格好良く素敵な雰囲気に仕上がったと思います。

――S様の趣味、好きなもの、はインテリアに反映されましたか?

主寝室とつながる書斎スペースでは、ご主人さまのご趣味のミニカーなどをディスプレイする間仕切り収納をご希望されていました。
ダークカラーのアクセントクロスに馴染む色で仕上げ、書斎、寝室両面から見えるオーダー収納。
ミニカーの色がアクセントとなり、空間が引き立つのが楽しみです。

——————————————————–

ありがとうございました。
家創りを心から楽しんでくださったS様。
次回も引き続き、S様邸をご紹介させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です