台風やゲリラ豪雨への対策はできていますか?|桜井・橿原の分譲・注文住宅の日生ハウジング

こんにちは、「創る家」の日生ハウジングです!

今日は終日雨模様ですね。これから台風やゲリラ豪雨が発生しやすいシーズンでもあります。

この季節になると暴風雨による屋根の雨漏りや窓からの雨の侵入、軒先の雨どいの詰まりなど不具合を見つけることがあります。

その時になって慌てて対処することのないよう、まずは事前にしっかりチェック、掃除しておくことが必要です。

 

◆「屋根」の状態は大丈夫ですか

普段見ることがない屋根。屋根の材質には、瓦やスレートなど様々な種類があり、ヒビ割れやズレが雨漏りの原因となります。近年の仕様では、強風でも瓦などが飛びにくいようになっていますが、築年数が経っていて屋根のメンテナンスをしたことがない場合は、一度念入りに点検することをオススメします。

もちろん、一般の方が屋根で確認作業をするのは危険ですので、プロに点検・メンテナンスを依頼してくださいね!

 

◆「窓」付近の物は片付けましょう

ベランダに鉢植えの植物や荷物を置いている場合、台風の強風で倒れ窓ガラスが割れることがあります。飛散したガラスで怪我をすることもあるので、窓の近くには物を置かないようにしてください。

また、窓の開け閉めがしにくい場合、窓枠(サッシ)が歪んでいる可能性も。歪んだ隙間から雨が吹き込むことも考えられるため、早めに改修しておきましょう。

 

◆「雨どい」、「排水溝」の掃除はできていますか

屋根を伝って雨が流れ落ちていく軒先の「雨どい」、ベランダに設置されている「排水溝」。こういった場所には、落ち葉や塵、粉じんといったゴミがたまりやすく、雨が降っても流れずに詰まってしまいます。普段から、ゴミを取り除き小まめに掃除をしておきましょう。

ご自身で出来ることと、プロに任せることの違いはありますが、自然災害に備えた点検・メンテナンスは、今のうちにしっかり対応しておくことが大切です。

住宅は一生に一度の大きな買い物です。

メンテナンスをこまめに行っている家とそうでない家とで、同じ築年数でも大きな差が生じます。

将来にわたって長く快適に住むため、それと子供たちが大きくなって独立した後も、「実家に戻ってゆっくり過ごしたい」、そう思われるようにいつまでもメンテナンスが行き届いたキレイなお家でありたいものですね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です