いざという時の備えに|桜井・橿原の分譲・注文住宅の日生ハウジング

こんにちは!「創る家」の日生ハウジングです。

 
この度の西日本を中心とした豪雨で被害に遭われた方に心よりお見舞い申し上げます。

特別警報は解除されておりますが、この雨で地盤が緩んでいるところもあると思いますので、引き続き周囲の状況に注意を払い、無理はなさらずにお過ごしください。

今回は、災害についての備えとして役立つ「ハザードマップ」についてお話します。

皆様は「ハザードマップ」というものをご存知でしょうか?

これは自然災害による被害を予測し、その被害範囲を地図化したもので各市町村のホームページで閲覧することが出来ます。

ハザードマップは数種類に分かれています。

今回のような豪雨による水害を予想した「浸水予想区域図」に、避難所や避難経路が記載されています。

ハザードマップは、各自治体によって種類が異なっていますが、

今回は浸水予想区域図と土砂災害ハザードマップについてご紹介します。

 

◆ 浸水予想区域図

大雨や台風の影響によって河川が氾濫した場合、浸水するエリアとその深さを想定したマップです。

想定被害の大きさを色付けしてレベルを分けているのが特徴です。

この想定被害は、河川から近いエリアのみならず、河川から離れた場所にも、その地形や地盤の状態からも大きな被害が予測されることがあるので、注意が必要です。

 

◆ 土砂災害ハザードマップ

今回の西日本のような、災害レベルの豪雨で引き起こされる土砂災害が発生する危険のあるエリアを示した図です。

土砂災害は集中豪雨・地震・台風などにより偶発的に発生する恐れがあるため、普段から警戒して災害に備えておくことを目的として作成されています。

ハザードマップでは、避難場所も記されています。

加えて、その避難所の「災害用備蓄庫」や「食料配布」などの情報も記載されている場合もありますので、いざという時の備えに是非一度お住いの市町村のマップをご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です