夏、涼しい快適な家づくり!|桜井・橿原の分譲・注文住宅の日生ハウジング

こんにちは、「創る家」の日生ハウジングです!

夏休みに入ったお子さん達の賑やかな声が、色々なところからで聞こえてきます。

子どもの笑い声を聞くとなんだか元気になりますね!

夏の暑い日差しを浴びながら、誰もいないお家へ一番に帰ると家の中が、ムッとしていることありませんか。

空調の効いた涼しい部屋をイメージして帰ってきたのに残念…
なんてことありますよね。

これは、真夏の太陽や熱気にさらされた外壁を通して、室内に熱が伝わっているからなんです。

住宅の外壁が暑いままでは、いくら冷房を入れても室内は冷えにくいのです。
ちなみに、冬はその逆で外壁を通じて室内の暖かさが外に逃げています。

そこで日生ハウジングでは、夏・涼しく、冬・暖かいお家を実現するために「高断熱」を標準とした住宅づくりに取り組んでいます。

「高断熱」とは、天井や屋根、外壁の中に外気と室内の熱の伝導率を抑制する働きのある断熱材を施すことです。

また外気と室内の温度差で起こる窓の結露も、熱を伝えにくいサッシを採用することで断熱効果が高められ、結露を抑えることができます。

魔法瓶のような状態をイメージしてもらえれば分かりやすいと思います。

また前回、紹介した隙間がほとんどない「高気密」との相乗効果で、室内における夏の涼しさ、冬の暖かさをキープしやすくなります。

そのため、真夏の暑いとき、真冬の寒いときでも、エアコン1〜2台で家中が快適に過ごすことができるため、光熱費も抑えることが可能です。

日生ハウジングでは、これからも家族みんなが楽しく健康に暮らせる住宅づくりに邁進してまいります。

どんな住宅なのかは、モデルハウス見学でぜひ体験してみてください。

みなさんのお越しをお待ちしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です