工務店とハウスメーカーの違いって何?|桜井・橿原の分譲・注文住宅の日生ハウジング

こんにちは、「創る家」の日生ハウジングです!

家を建てようと考えるとき、どこに頼もうかと住宅メーカーや工務店など色んな会社のホームページを見て検討される方も多いのではないでしょうか。

ところで、皆さんは工務店とハウスメーカーの違いをご存知でしょうか。

依頼をもらって、設計図を書き家を建築するという意味では、どちらの会社も同じですよね。
では、何が違うのでしょうか?
この違いや特徴を知っておくと、より自分達にあった会社選びができますよ。

■工務店って?

日本では昔から大工の棟梁が、設計から左官などの他の職人を仕切るなど、住宅建築に絡むことのすべてを取り仕切ってきました。

この大工の棟梁が発展したのが工務店だと言えます。通常は「工務店で家を建てる」というと設計と施工の両方を依頼することを意味します。

一般的に工務店というと、町の小さな会社というイメージがあるかもしれませんが、近年では全国展開している会社や、地域密着でありながら年間の着工棟数が多くモデルハウスや展示場を設け、自社ブランド名を打ち出している会社もあり、その規模や業務体系は多様化しています。

<メリット>
・小回りが利くので迅速な対応が期待できる
・施主の希望や条件に合わせた自由設計ができる
・地元の気候、地質、生活習慣などを熟知しており、竣工後のメンテナンスも充実している
・住宅の設計から施工まで自社で一貫している
・地域に密着し、評判・クチコミでの紹介を大切にしているので、施工はもちろんアフターメンテナンスまでしっかりしている
など

<デメリット>
・経営者の建築に対するポリシーや技術にバラつきがある
・それぞれの工務店で、工法やデザインなどに得意分野があり、それ以外の対応がしにくい など

■ハウスメーカーって?

モデルハウスや展示場でのお客様対応がメインで、住宅の注文、工事、現場管理などを行いますが、施工自体は建築会社や工務店など他社に依頼するため自社で施工は行なわず、営業、設計、施工など担当が分かれている分業制がほとんどです。

全国規模で展開しているハウスメーカーでは、住宅の品質の安定や効率化が図れるよう、規格化された住宅を商品として販売しています。

間取りなど多少の融通は利くかもしれませんが、決められた範囲内での変更に留まるケースがほとんどです。

建築においても、家を建てるというより現場でマニュアル通りに家を組み立てるという印象の方が強いかもしれません。

<メリット>
・材料の品質が安定しており工期が短い
・土地探しからアフターフォローまで、組織でしっかり対応してくれる
・提携の住宅ローンなどもあり相談に乗ってくれる
・展示場やモデルハウス、パンフレット類などがあり、建材や仕上がりを事前に確認しやすい

<デメリット>
・営業スタッフの出入りが激しいため、竣工後の対応に不安がある
・実際の施工は、地元の工務店に依頼することが多いため、力量によって品質が左右される可能性がある
・プランや材料の選択に制限がある など

このように工務店、ハウスメーカーそれぞれの体型に特徴やメリット・デメリットがあります。

自由に設計できるお家と、規格でほとんどが決まっている住宅、皆さんが希望する住宅はどんなお家ですか。

日生ハウジングでは、住宅を買う・買わないを問わず、住宅に関する様々な相談や質問を承っています。どうぞ、お気軽にお問合せください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です