消費税増税にみる住宅購入のタイミングは?|桜井・橿原の分譲・注文住宅の日生ハウジング

こんにちは、「創る家」の日生ハウジングです!

皆さんは、消費税が予定通り増税になるとしたら、今の8%のままで購入できるのはいつまでか、ご存知ですか?

消費税は、2019年10月1日から10%になる予定です。

多くの方は、9月末までに契約すれば8%のままで購入できると考えているようですが、それは物件によって異なります。

不動産の場合、今の8%のままで購入できるのは、物件の引渡しが9月30日までの物件となります。引渡しとは、物件が完成して住める状態のことで、建売住宅で即入居可の物件であればギリギリ間に合います。

ただ、注文住宅の場合は、9月末の引渡しに間に合わせようと思うと、土地の造成や建築工事を考えるとその数ヶ月前までには契約しないと厳しい、ということになります。

例えば、建築工事が始まって引き渡しまで3ヶ月かかるとするなら、遅くても来年の6月には契約を終えていることになります。契約に至るまでには、物件の選定やモデルハウス見学、住宅ローンのことなど説明を受け、気になることをクリアにしておく期間が必要です。

検討期間についてはお客様のお考えもあり一概に言えませんが、仮に3ヶ月の期間が欲しいとなれば、遅くても来年3月には物件探しをスタートすることになるのではないでしょうか。

来年3月まで後7ヶ月、この期間を長いとみるか、短いとみるかですが。。。

増税前には、駆け込み需要も考えられるため、早い段階で契約をしても工事の関係で9月末の引き渡しが間に合わない可能性も考えられます。

そこで前回、消費税が増税されたときに設けられたのが経過処置です。これが、今回も適用されるとすると2019年3月31日までに契約を結べば、引渡しが10月1日以降になっても消費税8%のまま購入いただけることになります。

政府の発表がまだないため詳細が待たれるところですが、住宅購入を検討されている方がみんな、正式な発表後に動き出すとそれもまた大変なことになります。

契約する、しないは置いておいて、気になる物件があるのであれば、早めの行動が功を奏するかもしれませんね。

日生ハウジングでも、お客様の様々な疑問・質問にお応えしています。

何かあれば、気軽にお尋ねください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です