きままに使えるロフト「Kimama」のご提案|桜井・橿原の分譲・注文住宅の日生ハウジング

こんにちは、日生ハウジングです。

今回は、日生ハウジングの家づくりおいて、いつもご提案させていただいている「Kimama(きまま)」についてご紹介させていただきます。

「Kimama」とは当社が手がける高さ1400mmのロフトで、住宅の延床面積にはカウントしないサービスルームとして、各棟に1箇所ご提案。名前の通り、ご家族ごとの用途にあわせ、気ままにご利用いただけるスペースとして、好評をいただいています。

多いのはやはり収納スペースとして、物入れなどに利用されるケースですが、床に畳を敷き、ご主人様の読書スペースとして活用されるといったケースも。

また、屋根裏のほか、部屋の中にスペースを取るなど、ご要望にお応えして、どのようなカタチでも一箇所「Kimama」のスペースを取らせていただいています。

費用のかからないプラスαの小部屋としてお客様からもご好評いただいている「Kimama」

日生ハウジングで家を建てていただいたお客様に対する、ささやかなプレゼントの意味もあり、きままに、自由に、ご活用いただければと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です