強くて長持ち!しっかり建てた「木の家」とは?|桜井・橿原の分譲・注文住宅の日生ハウジング

こんにちは、日生ハウジングです。

突然ですが、皆さんは木の家の寿命をご存知ですか?
なんと、木造住宅の耐久性は100年以上

築1,300年を越す法隆寺をはじめ、多くの歴史的木造建築が現存していることからも、その強さは証明されています。

しっかり建てた木の家
は、耐久性耐震性耐火性ともに高く、鉄骨よりずっと長持ちなんです。

では、「しっかり建てる」とはどういうことでしょう。
ポイントは
人と同じで、家も骨がもろいと健康を損なってしまいます。

【丈夫な骨の強い家とは?】

①木材を乾燥させて水分をコントロールし、骨組みの腐朽や、ねじれ、反り、割れを防止

→日生ハウジングでは湿気に強く耐久性に優れた乾燥材を使用。さらに壁体内結露を抑える断熱材で、構造の劣化を防いでいます。

②木の種類ごとに異なる性質を活かし、適材適所の木材を使用

→日生ハウジングの木材はもちろん適材適所。
土台や柱は、住宅金融支援機構(フラット35)基準の1.2倍の太さに相当する四寸角の桧(ヒノキ)EW(エンジニアリングウッド)など使用をしています。を使用することもあります。
http://nissei-kensetu.co.jp/house/03.html

③地震に強い工法で正しく施工して、耐震性能をUP

→日生ハウジングの家は、地震に強い軸組工法。建築基準法の1.5倍の耐震性がある、耐震等級3相当です。
http://nissei-kensetu.co.jp/house/02.html

ちなみに空気が乾燥しやすい今の時期は、火災が多くなりがちですが、一見燃えやすそうな木は火に強いんです。

熱を通しやすい鉄は、火災時に構造体が曲がって倒壊する恐れがあります。

一方、厚みのある木材は、燃えても表面が炭化して、なかなか中心部まで燃え進みません。

②でお話したように、当社の柱や土台は四寸角

当然、耐火性バッチリですよ♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です