「梁を魅せる、スタイリッシュモダンな家」H様邸 Vol.2|桜井・橿原の分譲・注文住宅 の日生ハウジング

こんにちは!「創る家」の日生ハウジングです。

今日も、前回(https://www.nissei-housing.co.jp/blog/?p=1344)に引き続きH様邸をご紹介します。

コンセプトは、「梁を魅せる・スタイリッシュモダンな家

外観イメージやお二人のこれだけは譲れないポイントをまとめてみました♪

H様邸 |インテリアコーディネーター・インタビュー(Vol.2)

———————————————————–

――外観はどういったイメージに仕上がりましたか? 

奥様がインターネットから理想のイメージ写真を見せてくださいましたので、そのイメージに近づけられるように打ち合わせを重ねました。

ホワイトとチャコールブラックの貼り分けでスタイリッシュに仕上がったと思います。さらに、サッシのカラーをシルバーにしたことで、格好良さにより磨きがかかりました。

コーディネートを進める中で、ベースのホワイトをどれにするか一番悩まれました。ホワイトと一口に言っても、いろいろありますので、打ち合わせのときには大きめの外壁サンプルをご用意して比べていただきました。

また、お客様自身でもほかのお家の外壁を見てイメージを膨らませて、どのようにされたいか教えてくださいました。結果的に「このホワイトにして、良かったです!」と言っていただけて、うれしく思っています。

――ここだけは譲れない部分はありましたか?

奥様は、物置き場所を具体的に考えてこられていました。

将来ウォーターサーバーを置くならココ!オーブンの大きさは〇〇cmでココに置きたい!和室の押入には何を入れるかなど。置きたいものを中心に、コンセントの位置や棚の奥行などにこだわられていました。

具体的に教えてくださったので、本当にスムーズに進んだと思っています。

――お客さまに無事お引き渡しが出来ましたが、最後にお客さまに一言お願いします。

コーディネートのお打ち合わせが終わり、新居の建築中はお忙しいところ、何度か現場にも足を運んでいただき、ありがとうございました。

お子様がお家の中を探検されていたのが印象的です。私も現場に足を運びましたが、完成するにつれ、スタイリッシュに仕上がったなと感じていますし、格好良さの中にもアクセントクロスを貼り分けて、可愛さもありますね。

新しいお家でのびのびと成長されることをお祈りしております。

引っ越しされてからも、また何かございましたらお気軽に遠慮なくおっしゃってくださいね。

H様、素敵な時間をありがとうございました!

 

———————————————————–

H様、本当におめでとうございます!

笑いの絶えない素敵な時間を新しいお家で過ごしてくださいね。

今後ともスタッフ一同、宜しくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です