:Q&A:台風や地震など自然災害に備える住宅の保険について教えてください|桜井・橿原の分譲・注文住宅の日生ハウジング

こんにちは、「創る家」の日生ハウジングです!

今年は、台風、豪雨、地震といった自然災害が発生しライフラインの寸断をはじめ、台風や豪雨による風害・浸水、地震による住宅への被害が多く報告されています。

被災された方々にお見舞いを申し上げるとともに、一日でも早い復旧をお祈りいたします。

日生ハウジングの地元、奈良県でも車で走っていると自然災害で被害を受けた住宅を目にします。

当社にも、屋根の修復などに関するお問合せやご相談をいただいています。

そこで、気になるのは修復にかかる費用についてです。

皆さんは、こういった災害に備えた住宅の保険に入っていますか?

詳細は、保険会社または契約内容の確認が必要ですが保険には、火災・水害・風災・雷災・雪災などに対応した「火災保険」と、地震を起因とする火災・津波・損壊などに対応した「地震保険」があり、他にも「総合保険」「損害保険」などもあります。

住宅ローンを組む際に、住宅に関する保険にも加入している人が多いと思いますので、まずはご自身が加入されている保険の見直し・確認をすることをオススメします。

保険の内容によっては、修復にかかった総額の全てもしくは一部負担といった免責(規約)があるはずです。

加入されている保険の内容によっては、不注意でぶつけてしまった玄関ドアの凹みとか、ボール遊びをしてガラスを割ってしまったといった災害以外の損壊にも対応している場合も。

住宅の修復をされる際は、些細なことでも念のため保険会社に確認してみてください。

もしかすると、修復費の全額が保険で補えるかもしれませんよ。

また、保険に限らず自然災害の被害状況によっては、自治体からの支援金などが受けられることもあります。

保険の受取り申請の時も同じですが、公的支援を受ける場合にも実際の被害状況がどうだったのか、写真に撮って残しておくことが大切です。

災害などの後は早く掃除をして片付けたい気持ちもありますが、片付ける前に証拠となる写真を撮っておきましょう。

健やかに快適に。

そして長くお住まいいただくために。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です